実際に北朝鮮を訪れるとニュースで見る人々の表情とは異なる光景が

北朝鮮・平壌の素朴な人々
 4月に初めて北朝鮮へ行ってきました。以前から行きたいとは思っていましたが、家族の反対もあってなかなか行けなかった国です。2019年はポジティブな状況に感じたので思い切って申し込みました。

 手続きは思いの外スムーズで驚きました。私は日本人ですがマレーシア在住なので、クアラルンプールから北京へ飛び、北京から平壌へというルートで入国しています。

 北朝鮮入国の審査や荷物検査はネットで見ていたよりは遥かに緩くあっさりすぎるくらい簡単に入国できて呆気にとられました。

 空港で待っていたガイドさんらと合流して北朝鮮観光が始まったのですが、やはり来てみて良かったなと思ったのは、平壌の雰囲気や人々の表情などをリアルに見ることができたことです。

 私が住むクアラルンプールも日本で見るニュースと実際に住んでみるとまったく違う光景を見ることができるのですが、北朝鮮も同じですね。

 平壌は都会ですが、人々はどこか素朴で温かみを感じがしました。

 滞在中は多少のトラブルもありましたが、想定内でした。担当のガイドさんたちが一生懸命に対応してくれたので満足しています。ガイドさんから息子さんや娘さんの話を聞くと親ってどこ国でも同じだなと何とも言えない親近感を覚えました。

 次回は家族と一緒に北朝鮮の地方都市などへも行ってみたいなと思いました。あとマレーシアでは忘れがちな冬など別の季節の北朝鮮の顔も見てみたいものです。

マレーシア在住の50代男性

 お客様の感想は、文頭の一文字落としと半角文字などへの校正を除き原文のママのご紹介です。

関連記事

  1. 通常の食事のときに追加注文した平壌冷麺

    噂の玉流館冷麺を堪能 絶品スープも辛くないので辛いのがダメな人でもOK

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA