北朝鮮へ持ち込みが禁止されているものは何ですか?

北朝鮮持ち込み禁止品
 北朝鮮への持ち込みが禁止されてものは、それほど多くありません。

 まずは、双眼鏡(オペラグラスも)、単体のラジオ(持ち込む人は少ないでしょうが)、一眼レフカメラなどの150mm以上の望遠レンズ、ドローンなどとなります。

 別にも紹介していますが、スマートフォンやパソコン、タブレット端末、ビデオカメラ、デジタルカメラなど電子機器は全般的に問題なく持ち込むことができます。

 注意点は、カメラ類の筐体にGPSと書かれていると預かり対象になる可能性があるのでよく筐体をご確認ください。

 現在、電子機器よりも検査が厳しいのは本や雑誌など紙媒体となります。北朝鮮を批判する本はもちろんですが、韓国や政治、国際情勢についての本などもトラブルの元になるので持ち込まないようにしてください。

 他にも持ち込み禁止品というよりは没収対象なものとして、中国で購入できるお土産用の指導者バッジや北朝鮮の紙幣、硬貨なども没収対象です。お金は例え本物であっても没収対象となりますのでご注意ください。

 北朝鮮への持ち込み禁止品は年々緩和猿傾向にあります。情報も日々刻々と変化しておりますので、不明点があればお気軽にお尋ねください。

関連記事

  1. クレジットカード払い

    クレジットカード払いはできますか?

  2. 北朝鮮・入国拒否される人は?

    北朝鮮への入国が許可されない人はどんな人ですか?

  3. 北朝鮮のビザはどこでもらえる?

    ビザはどこで受け取れますか?

  4. 平壌中心部を流れる大同江

    大同江は何と発音しますか?

  5. 北朝鮮はどのような国でしょうか?

    北朝鮮はどのような国でしょうか?

  6. 北朝鮮への持ち込み品

    iPhoneを持ち込むことはできますか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA